気になること

ファッションデザイナー高田賢三さんと姫路。実家、兄弟、ファッションショー。

スポンサーリンク

ファッションデザイナーで「ケンゾー(KENZO)」ブランドの創業者の高田賢三(Kenzo Takada)さんは兵庫県姫路市の出身です。

賢三さんは、年に1度はフランス・パリから帰国していました。

「姫路城はどこから見てもきれい。バランスがいい。美しい城の町で生まれ育ち本当によかった」
とも。

姫路世界的デザイナーの賢三さんがふるさと姫路にかかわったことをまとめました。

高田賢三さんの実家と兄弟

昭和14年(1939年)2月27日、姫路市内の浪花楼という日本旅館の三男として生まれます。

兄2人、姉2人、弟2人の7人兄弟です。

年齢の近い姉2人と遊ぶことが多く、幼いころから姉たちの習う洋裁やファッション誌に影響を受け服飾に興味を抱くようになります。

姫路市立野里(のざと)小学校、姫路市立広嶺(こうりょう)中学校、兵庫県立姫路西高等学校を卒業。

「勉強は嫌いでしたが成績は良く、高校は地元の進学校へ。高校時代は勉強ばかりで、楽しい青春はなかった。」

そうです。
また、

「僕の子供の頃というのは娯楽がほとんどなかったんです。
テレビもない、ラジオと映画くらいですかね。
なので学校以外の時間は、ほとんど映画館にいました。
映画は邦画も洋画もたくさん観ました。
映画で夢を見たり、希望を抱いたり。
それで外国に住みたいという思いも出てきました。」

と語っています。

本当は洋裁学校に行きたかったのですが、
当時の日本には男子を受け入れる服飾学校はありませんでした。

外国に興味があった賢三さんは、仕方なく神戸市外国語大学2部英米文学科に進学します。

文化服装学院が男子生徒を初募集。

でも、大学は退屈で、入学後の6月、「文化服装学院が男子生徒を初募集」という雑誌の記事を見つけ、「どうしても行きたい」と親に相談しますが、親は猛反対。
しかし賢三さんは、夏休みに貯めたアルバイト代を使って上京してしまいます。
ペンキ屋に住み込んで昼は仕事、夜は隅田房子スタイル画研究所に通いました。

そんな賢三さんを認めてくれたのはお母さんでした。入学を許してくれたのです。

大学を中退しての文化服装学院入学でした。1958年です。

そこから高田賢三のファッションの歴史がスタートしたのです。
同期には、コシノジュンコや金子功、松田光弘など大成したデザイナーが多く在籍し、賢三さんも含め「花の9期生」と呼ばれています。

1960年新人デザイナーの登竜門「装苑賞」を受賞。

銀座三愛勤務などを経て、1965年に、アジアやアフリカなどの国々を巡りながら、1ヶ月もの船旅を経てフランスのパリへと渡ります。

当初、6カ月の予定でパリへ船で向かったのですが、そのまま住みつくことになりました。

そして、パリへ

1970年に、現地でデザイン画を売りながら生計をたてていた賢三さんは、パリ2区にある小さなモールが立ち並ぶギャルリ・ヴィヴィエンヌで、プレタポルテにある小さなブティックであるジャングル・ジャップ(現在のケンゾー)をオープンします。

また、同年に着物地のワンピースがファッション誌『ELLE』の表紙を飾ると同ブランドはパリ・コレクションで注目されるブランドへと成長を遂げるのです。

色鮮やかな花柄を多用し、そのカラフルな色彩使いから、色の魔術師と呼ばれ、パリのプレタポルテを牽引し、世界で活躍する日本のファッションデザイナーとなりました。

姫路城三の丸広場での野外ファッションショー「ケンゾー IN HIMEJI」

平成元年(1989年)5月、ふるさとである姫路市の市制100周年を記念して、姫路城大天守の前で催した賢三さん自身初の野外ファッションショーが開催されました。

四季の作品435点、公募を含むモデル118人という国内最大級のショーが、初日は雨にたたられ延期となったのですが、以後、3夜連続で開かれました。

雨にたたられた翌日、賢三さんは一人思い立ち、姫路城大天守の最上階まで駆け上がります。
そして、天守最上階の地主神・刑部(おさかべ)神社にそっと1枚の一万円札を置いたのです。
賢三さんの願掛けが効いたのか、その日から3日間天候が回復したという逸話があります。

ショーは、フランス国旗を意識したドレスから始まり、
最後は千姫をイメージした純白の花嫁を登場させ、
ライトアップで天守群を漆黒の闇に浮かび上がらせました。

そして、終演後、観客が待つ舞台へ。

姫路市立美術館でのKENZO展

平成元年(1989年)4月29日から6月4日まで、姫路市立美術館で「KENZO展 姫路城とパリのファンタジー 」が開催されました。

この展覧会も、姫路城での「ケンゾー IN HIMEJI」と同様に、姫路市の市制100周年を記念して開催された事業の一環です。

このKENZO展で「KENZO選集」が制作されています。
「ケンゾー IN HIMEJI」と「KENZO展 姫路城とパリのファンタジー 」の作品集です。

表紙1枚、ファッション写真3枚、スタイル画16枚、スタイル画解説1枚、ケンゾー略年譜1枚、ごあいさつ1枚、奥付1枚、計24枚の用紙が函に収められています。
(姫路市立美術館、姫路100周年行事実行委員会/1989年/函、用紙/30.5 ×45.8×1.4 cm (函)/24枚)

姫路城の世界文化遺産指定を記念して「’94/’95コレクション」を姫路では発表

平成6年(1994年)年5月14日と15日、姫路城の世界文化遺産指定を記念して開催されたリレーイベント「キャスティバル’94」の一環として、「’94/’95コレクション」を姫路で発表しました。

会場は姫路駅からすぐ南にある手柄山にあった厚生会館という施設です。
2日間、1日3回公演され、合計1万5千人の観客がショーを堪能しました。

ショーの構成は、オープニングに始まり、姫路城世界遺産登録を祝福するシーン、’94/’95秋冬コレクション、くるみ割り人形、そして、フィナーレまでの1時間20分。
舞台に本物の白馬も登場しました。

その間、レデースコレクション128点、メンズ78点、他にこども服11点の合計206点のKENZO衣装が披露されたのです。

このショーに出演したモデルは、37人、レデース25人(うち外国人18人)、メンズ12人(うち外国人11人)です。

特別出演として涼風真世さん。
そして、フランスのスペクタル・パフォーマンスチーム17人と公募の子どもモデル10人が参加しています。

 

新しい姫路市のホールの緞帳(どんちょう)のデザイン

姫路駅北東部に2021年(令和3年)秋オープン予定の「姫路市文化コンベンションセンター」の緞帳(どんちょう)を賢三さんが描きました。

同センターの大ホールと中ホールに備え付けられる緞帳です。

華やかさとエネルギーをホールに与えたいという願いを込め、
大ホール用は、中心に朝日、周囲にシャクヤクの花が広がる華やかな図柄で明るく輝く姫路城もあしらっています。
横22メートル、高さ12メートルです。

そして、中ホール用は、赤く燃えるような夕日を中心に配し、これも姫路城を描いています。
横18メートル、高さ10・5メートルです。

いずれも西陣つづれ織りの豪華な仕様となります。

 

大ホール           姫路市HPより

中ホール           姫路市HPより

すでにある姫路駅前のキャスパホール(331席)の緞帳も賢三さんのデザインです。
タイトルは「黎明(れいめい)」。
朝の光に咲き誇る大輪の薔薇をデザインです。

 

賢三さんのご冥福をお祈りします。

賢三さんの自伝です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-気になること

© 2020 トマトのリコピン~抗酸化ブログ Powered by AFFINGER5