気になること

高校普通科が3学科に再編される?「学際融合」「地域探究」ってどんな学科?

スポンサーリンク

文部科学省が現在の高校普通科を、「普通科」と、新たに、「学際融合(仮称)」と「地域探究(同)」に、早ければ令和4年(2022年)春にも再編するようです。

「学際融合(仮称)」と「地域探究(同)」ってどんな学科でしょうか?

高校普通科を再編する必要性があるのでしょうか?

「教育再生実行会議」が、令和元年5月17日に、「技術の進展に応じた教育の革新、新時代に対応した高等学校改革について(第十一次提言)」の中で、高校普通科の画一的教育の改革を提言しています。

「教育再生実行会議」とは、21世紀の日本にふさわしい教育体制を構築し、教育の再生を実行に移し、教育改革を推進するための会議です。

新しい学科「学際融合」、「地域探究」はどんな学科?

教科の枠組みを超えた学びに取り組む「学際融合学科(仮称)」と
地域社会の課題解決を目指す「地域探究学科(仮称)」の
2学科が普通科に加え新設されます。

また、持続可能な開発目標(SDGs)など教科の枠を超えた学びに取り組む「学際融合」学科には、大学や国際機関との連携体制を、
地域社会の課題に取り組む「地域探究」学科には県市町などの自治体や地元企業との協力体制や高校と地域をつなぐコーディネーター配置などが検討されるようです。

さらに、人工知能(AI)の進展などに伴って到来する「Society(ソサエティー)5.0」※の時代を生き抜くには、
全生徒が文系・理系のどちらかに偏ることなく学ぶ必要性が強調されています。
文系・理系に偏らないバランスのとれた科目履修が必要になるようです。
大学入試でも「文系・理系に偏った試験からの脱却」を目指すとされています。
新たな学校では、今までのように普通科で理系クラス、文系クラスと別れていたのとは全く様相が違いますね。

 

今後、文部科学相の諮問機関である中央教育審議会の特別部会に基本方針が示され、さらに具体的な制度化の検討が加えられます。

※「Society(ソサエティー)5.0」とは・・・第4次産業革命とも言われる、AI やロボティクス、ビッグデータ、IoT といっ た技術の急速な発展に伴い到来する超スマート社会のことです。

高校普通科改革の必要性

高校には、普通教育を行う普通科、
商業、農業、工業など14の専門教育を行う専門学科、
普通教育と専門教育を合わせた総合学科の3つの種類があります。

現在200万人を超える高校生のうちのやく70%の生徒が普通科に通っています。

普通科では国語や数学、理科、社会など基礎的な科目を主に学びます。そして大学等の進学に向けた画一的な教育が行われ、特色が乏しいと指摘されています。

少子化と大学の乱立で大学に入りやすくなっているのも事実です。
今、多くの大学、特に私立大学では一般の大学入試試験によらずに入学できる制度を持っています。
事実上、大学入試試験以外で入学させている学生は半数を超えるのではないかとも言われています。

学問や将来的な職業などの目的意識が低いまま進学する生徒が少なくありません。

先の提言では、普通科の教育が画一的に陥り、生徒の興味関心を踏まえる内容になっていないと判断し、「生徒の学習意欲に悪影響を及ぼす」と見直しを迫っています。

教育再生実行会議の提言(第11次)

教育再生実行会議の第11次提言では、高校普通科の教育内容は画一的で、生徒の意欲が高まる内容になっていないと指摘して普通科の改革を提言しています。
そして、進学や就職といった自分の将来のキャリアを自ら設計する能力の育成や国際的なリーダー養成など、学校ごとに4タイプを示し教育内容に特色を持たせるよう促している。

<普通科の類型の例>
①予測不可能な社会を生き抜くため自らのキャリアをデザインする力の育成を重視するもの
②グローバルに活躍するリーダーや国内外の課題の解決に向け対応できるリーダーとしての素養の育成を重視するもの
③サイエンスやテクノロジーの分野等において飛躍知を発見するイノベーター等としての素養の育成を重視するもの
④地域課題の解決等を通じて体験と実践を伴った探究的な学びを重視するもの

技術の進展に応じた教育の革新、新時代に対応した高等学校改革について(第11次提言)

まとめ

今回の高校普通科は、3つの学科、つまり「普通科」と、新たに、「学際融合(仮称)」と「地域探究(同)」に再編されることになります。
その制度化等の詳細は諮問機関である中央教育審議会の議論を経て決定されます。

この問題、高校普通科の在り方は、過去にも議論されてきています。今回初めて検討されたわけではありません。
「総合的な新学科」の創設や「新しいタイプの高等学校」といった提言がされています。
大きく変わる世界情勢や、時代のうねりをその時々に適格にとらえ、教育の改革は必要であると思います。

子どもたちが犠牲になるようなことになっては大変です。

慎重にかつスピード感を持って改革していってほしいものです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-気になること

© 2020 トマトのリコピン~抗酸化ブログ Powered by AFFINGER5