気になること

ブリやハマチなどの生魚のお刺身やお寿司は何歳から食べてもよいのでしょうか?

お刺身やお寿司のは「生魚」です。
お刺身・お寿司は何歳から食べさせてもいいのでしょうか?

家族で回転寿司に行っても、
「子どもに生魚を食べさせるのは不安」
「何歳から食べさせても大丈夫?」と思ってる人も多いと思います?

この記事では、お刺身やお寿司の生魚は何歳から食べられるのか、食べさせる時の注意点などをまとめました。

ブリやタイのお刺身やお寿司は何歳から?

お刺身やお寿司の生魚は何歳から食べさせてよいのでしょうか?
目安は3歳以降です。
始めて食べさせるときには注意して食べさせるとよいでしょう。

消化器官 胃腸も発達

生のお魚を子どもに与える際は、離乳食が完了していることが大前提となります。

2歳半頃になると子どもの消化器官がしっかりと整って消化吸収能力が上がってきますので生のたんぱく質が消化できるレベルようになるといわれています。

しかし、子どもの消化器官が大人のように働き始めるのは8歳~10歳頃ともいわれていますので、医師によっては「8歳から」といった意見もあります。

とはいえ、お刺身やお寿司は家庭での食事でも身近にあるので、8歳まで食べないのは難しいかもしれません。
食べさせる種類を吟味しながら3歳以降を目安に食べても良いかと思います。

食中毒の心配

生のお魚は、海水中に生息している腸炎ビブリオ菌が原因による食中毒や、アニサキスなどの寄生虫による食中毒の心配があります。

赤ちゃんは、大人と比べると抵抗力が弱く、食中毒になると重症化してしまうこともあります。

食中毒への感染を予防する力がおとなとほぼ同じになるのは、12歳過ぎ頃と言われています。

それまでは、おとなが食べて何ともないものでも、子どもは敏感に反応する場合もあります。

しかし、離乳食期がすぎて2歳半頃になると衛生面の免疫も体力もある程度ついてきます。

嚙み切ることができる

生のお魚は、3歳くらいで奥歯がしっかり生えるまでは、かみ切りにくい、ということもあります。

しっかりと奥歯が生え揃う3歳以降だと良いでしょう。

目安は3歳以降

以上のことを踏まえると、生のお魚を手べさせ始める時期は、

消化器官である胃や腸がある程度整って生のお魚を消化できるようになり、

衛生面での免疫力や体力もある程度ついて、

かみ切れる奥歯がしっかり生えた

3歳から4歳ころからがよいと思います。

食べさせるときの注意

では、お刺身やお寿司が食べられる年齢になったらどのように進めていけばいいのでしょうか。

子どもに生魚を与える時にはいくつか注意しておきたいポイントがあります。

次のような項目を参考に、初めて生魚を用心しながら食べさせてください。

1 新鮮なものを与える

スーパーなどで買ってきたらその日のうちに食べることが原則です。
残った分を翌日に食べるのはやめましょう。

2 最初は1口だけ、子どもの体調がいい時に与える

初めて食べるときは、子どもがいくら欲しがっても一口分だけにとどめましょう。
初めてのものは「まず少量与えて様子をみる」のが基本です。

また、アレルギーなどを発症してしまった際にその原因が特定しやすいよう、まずは一種類からあげてみてください。

そして、子どもの体調がいい時に与えることが大切。
風邪や下痢がある時にわざわざ与える必要はありません。

3 食べるなら平日の昼間がベスト

子どもに生魚を食べさせるのには最適な時間があります。
それは平日の昼間の病院が開いている時間です。

万が一生魚を食べたことによって体調に変化があればすぐに病院に行けるという観点からです。

下痢、嘔吐、じんましんなど体調に変化があれば病院へいきます。
これは生魚だけではなく、子どもに初めての食材を食べさせる際には必ず注意しておいたほうが良いでしょう。

4 酢飯の砂糖と塩分

「ヘルシー」と思われがちなお寿司ですが、

ご飯1合に対し、酢20ml 砂糖10g 塩5g とかなりの量の砂糖と塩が入れられます。

これは、子どもにとっては濃い味のごはんの部類です。

もし、自宅でちらし寿司を作る場合は、入れるものを調整してあげるとよいでしょう。
特に小さな子どもには、大人の1/2~1/3の味つけにするなど配慮しましょう。

5 はじめは白身魚がおすすめ

離乳食をスタートするときと同じように、最初は鯛などの白身魚からスタートさせましょう。

白身魚が大丈夫だったら、次はマグロなどの赤身魚に。

6 青魚は避けたほうが無難

初めて食べさせる生魚としては、サバなどの青魚は避けたほうがいいです。

サバなどの青魚は、じんましんを起こすこともあるので幼児期に無理して食べなく良いと思います。青魚は稀にアレルギーが出る場合があります。

また、アニサキスという寄生虫がいる可能性があり、それによる食中毒を起こしてしまうこともあります。

青魚は8歳頃でも遅くはないかと思います。

食物アレルギーがない大人でも体調不良の時に、焼いた塩サバを食べてじんましんが出ることがあります。

7 エビやカニの甲殻類はアレルギーチェックをしましょう

エビやカニなどは子どもが好きな食材です。
しかし、エビやカニの甲殻類は、アレルギーになりやすい食材のひとつです。
このエビやカニなどの甲殻類アレルギーがある場合、かなり強い反応が出てしまうことがあります。

しっかりとアレルギー検査をしてから食べさせましょう。

火を通したエビとカニでもアレルギーになることがあるので注意が必要です。

8 貝類はNG

牡蠣などの貝類は、食中毒が強く子どもには向きません。

まだまだ抵抗力の弱い子どもは避けたほうがよいと思います。

9 たこやイカがうまく嚙み切れない

イカやタコは、よく噛まないと食べられない食材です。
大人でも細かく噛み砕くことなく飲み込むことが多いかもしれません。

大人よりも咀嚼力が弱い子どもで考えると、タコやイカを食べることはなかなかの至難の業です。
3歳以降に食べるとしても、
うまく噛みきれず、喉を詰まらせる原因となったり、丸飲みする習慣がついてしまったりしますので注意が必要です。

10 イクラなどの魚卵の塩分に注意

イクラなどの魚卵も3歳以降です。
イクラはしょうゆ漬けや塩漬けされていて塩分が強いので、食べるとしても少量にとどめましょう。
いくらやたらこなどは、塩分の過剰摂取の心配もあります。

いくらの軍艦巻きを二貫食べると約1gも摂ってしまうことになります。
1〜2歳の子どもの食塩摂取の1日目標量は3〜3.5gです。

子どもの頃から塩分の多い食事を続けることは生活習慣病が心配になります。

まとめ いつから食べられるか の考え方

お刺身やお寿司の生魚は何歳から食べられるのかは、
・生のお魚が消化できるようになり、
・免疫力と体力が強くなり、
・奥歯がそろい咬み合わせが完成する
3歳頃から始めるのがよいと思います。
そして食べさせ方の基本は、最初にうちは
・少しだけ
が望ましいでしょう。

この記事の内容は、あくまで目安です。
答えは1つではありません。
お刺身は、「離乳期すぎてからなのか?」「3歳なのか?」と気になるかと思いますが、年齢よりも、子どもの成長・発達、体調、体質は人それぞれ違います。
3歳からOKではなく、それぞれのお子さんの様子を見ながら与えてください。

-気になること