気になること

赤ちゃんは牛乳を何歳から飲める?最初に与えるときの注意点は?

赤ちゃんに、与えてもいい食材とそうでない食材、その食材はいつから食べさせていいのかなどをいろいろ調べる必要があります。
ある程度成長しないと消化できないとか、アレルギーを引き起こす可能性がある食材があります。

この記事では、栄養豊富な牛乳について、赤ちゃんはいつから飲めるのか、飲ませるときの注意すべきことなどを紹介します。

赤ちゃんに牛乳を与える時期はいつから?

赤ちゃんに牛乳を与える時期はいつからでしょうか?
離乳食の本などを見ると、生後7か月頃の赤ちゃんから離乳食に入れて料理に牛乳を使うのはオッケーとあります。
ですが、牛乳をお子さんにゴクゴクっと飲ませ始めるのは、
厚生労働省が発表している「授乳・離乳の支援ガイド」では、「1歳以降に牛乳を与えるのが望ましい」とされています。

牛乳は離乳食で料理に使うし、飲ませても大丈夫かなと思わず、お子さんのためにも1歳までは牛乳を飲ませるのは待ってください。

1歳までは飲み物としては与えず、離乳食の食材として少量(50~80ml)使うことをおすすめします。

赤ちゃんが1歳まで牛乳がダメな理由は?

牛乳の飲用を1歳まで避けた方がいいとされているのには、さまざまな理由があります。
牛乳は健康にいいものというイメージで、赤ちゃんにも与えたいと思うかもしれませんが、発育が未熟な赤ちゃんにとっては牛乳の飲用が体に負担をかけてしまいます。

牛乳に多く含まれるたんぱく質やミネラルを過剰に摂取すると、腎臓に負担がかかってしまいます。

また、牛乳には母乳に多く含まれる乳糖があまり含まれていないので、赤ちゃんの成長に影響がでてしまいます。

母乳と牛乳は、一見同じように見えますが、含まれる成分には違いがあります。

牛乳は牛の赤ちゃんの成長に、母乳は人間の赤ちゃんの成長を促すために必要な成分がそれぞれ含まれています。
栄養素ごとに見ていくと、母乳は乳糖と呼ばれる炭水化物が牛乳の約1.5倍、タンパク質やカルシウムといったミネラルは牛乳の3分の1と、成分比率が牛乳とは異なります。
たんぱく質やミネラルは母乳よりも牛乳のほうが濃いのです。
逆に、糖質は牛乳よりも母乳のほうに多く含まれています。

それは、牛の赤ちゃんと人間の赤ちゃんの成長発達に関係しています。
まず、牛と人間では育つスピードが違います。
牛のほうが、体が大きく人間よりも成長が早いため、体の形成に必要なたんぱく質やミネラルをより多くとる必要があります。
逆に、体の成長速度に対し脳が早く発達するのは人間の赤ちゃんは、脳の発達に必要な糖分を多く体内に取り入れていきます。
そのため、牛乳はたんぱく質やミネラルが多く、人間の赤ちゃんが摂取する母乳には、“乳糖”という糖分が多く含まれているのです。

したがって、母乳と牛乳では、赤ちゃんの体に及ぼす影響も異なり、注意が必要なのです。

鉄欠乏性貧血になりやすい

厚生労働省による『授乳・離乳の支援ガイド』によると、「牛乳を飲用として与える場合は、鉄欠乏性貧血(体内の鉄が足りないために起きてしまう貧血)の予防の観点から、1歳を過ぎてからが望ましい」とあります。

なぜ離乳食には使えるのに、牛乳を飲むのは1歳過ぎないとダメなのでしょうか。

それは、腸が発達してくる1歳までは、牛乳を多く飲むことで鉄の吸収が阻害されることが報告されているからです。

牛乳にはカルシウムが豊富というイメージがあり、体にも良いイメージがあります。
ですが、牛乳は含まれる鉄分は少なく、その上、含まれるカルシウムが鉄分の吸収を妨げてしまうかもしれないのです。

牛乳にはカルシウムだけでなくリンがたっぷりと含まれています。
そのためせっかく牛乳でカルシウムを摂取したと思っても、実はリンと結びついて腸壁からの鉄分吸収の妨害をしています。

鉄分が足りていないと、運動機能や認知機能の低下が起きてしまう可能性があるので、注意しなければいけません。

特に生後9~11か月のお子さん、運動能力も体の大きさもどんどんと成長していく時期です。
そしてとくにこの期間、赤ちゃんに鉄分が不足しやすいと言われています。

この鉄分が元々不足気味になる時期に牛乳を飲んでしまうと、牛乳が鉄分の吸収を妨害するため、さらに鉄分の吸収率がダウンします。
結果として鉄欠乏性貧血になってしまう恐れがあります。

同じようにみえて母乳とは成分構成の違う牛乳は、母乳の代用とすることはできません。
母乳からほとんどの栄養をまかなっている0歳の赤ちゃんは牛乳を摂取しないほうがいいのです。

鉄欠乏性貧血を起こさないよう、適切なタイミングで牛乳を開始することが重要です。

アレルギーになる可能性がある

1歳前の赤ちゃんの消化能力は十分に発達しておらず、牛乳に含まれるたんぱく質の分子を小さく分解することができません。

そして、十分に分解されていないたんぱく質の分子を吸収すると、じんましんや呼吸困難などのアレルギー症状を発症する可能性があります。

このことからも、牛乳は1歳まで飲ませない方が良い、とされています。

厚労省の『授乳・離乳の支援ガイド』では、食物アレルギーを「特定の食物を摂取した後にアレルギー反応を介して、皮膚・呼吸器・消化器あるいは全身に生じる症状のこと」と書かれています。

また乳児から幼児早期にアレルギーを引き起こす主要原因食物は「鶏卵、牛乳、小麦の割合が高く、そのほとんどが小学校入学前までに治ることが多い」とも記載されています。

牛乳アレルギー症状がみられたときの対処法
牛乳をあげるのを控える
牛乳アレルギーかどうかはいくつかの検査をして診断されるため、少し時間がかかります。
牛乳にアレルギー症状の原因があるのかどうかわかるまでは牛乳をあげるのを控えましょう。

小児科を受診する
牛乳を飲んだあとに下痢や嘔吐、湿疹などの症状が見られたらすぐに病院(小児科)を受診してください。
病院では、問診やアレルギー検査をして牛乳アレルギーかを診断します。

牛乳以外の食べ物でカルシウムを補う
牛乳でのアレルギー症状が出ているときは牛乳に代わる小魚や海藻類、ごま、大豆製品などでカルシウムを補うことが大切です。

1歳を過ぎてから牛乳を飲ませる場合の点に注意点

1歳を過ぎてから牛乳を飲ませる場合は、次の点に注意してください。

適度な量と温度にする

牛乳も他の食品と同じように、最初は少量から与えはじめてください。
調理して離乳食のメニューに加えていきながら、段階を経て直接飲ませていくとよいでしょう。
最初は赤ちゃんに与える量を10~20mlほどにして、お腹の調子が問題ないか、アレルギー症状が現れていないかを確認してください。
冷たい牛乳は赤ちゃんの胃腸に負担をかけてしまうので、母乳の状態に近い人肌程度に温めたものを与え、体調やうんちの状態に問題がなければ常温にしてあげるようにしましょう。
様子を見てさらに問題がなければ、次の段階として冷たい牛乳を与えるようにします。

牛乳を初めて飲ませる時間帯は、万が一アレルギー症状が出たときにすぐに病院に行けるように平日の午前中にあげるのがよいでしょう。

ほかの乳製品と合わせて、1日400ml までが目安。

また、脂肪分が多く含まれているので、とりすぎると食事に響いてしまいます。
1日2回程度、たとえば午前・午後のおやつに100mlくらい飲ませて、あとはヨーグルトやチーズなどの乳製品を、牛乳に換算して200ml程度あげるのがいいようです。
ヨーグルトは牛乳と同じ重量に、チーズは1/10程度の重量に換算して考えてください。

鉄分をしっかり摂取する

赤ちゃんに牛乳を与えたときに気になるのが、鉄欠乏性貧血です。
鉄分が不足しないように、赤身の魚、納豆、ごま、ホウレンソウなど鉄分を豊富に含んだ食べ物を積極的に離乳食に取り入れてみてください。

鮮度が下がった牛乳は飲ませない

牛乳パックの口を一度開けたら、菌が繁殖し始めます。
牛乳の鮮度に注意して、当然のことながら、賞味期限が切れたものは与えないようにしましょう。

スプーンやコップで飲ませましょう

飲ませ方ですが、ストローを使うと子どもが牛乳を一気に飲んでしまい、お腹を壊してしまうかもしれません。
なので、子どもに牛乳をあげるときは、スプーンやコップを使ってゆっくり与えるようにしましょう。


離乳食のおすすめの3冊です。

まとめ

牛乳は栄養バランスが良く、赤ちゃんの離乳食が進み、食事から栄養が十分摂取できるようになってからであれば、積極的に与えたい食品です。
離乳食で牛乳を使う場合は、基本的には生後7~8ヶ月以降に加熱した状態で使うようにしてください。
ただし、加熱していない牛乳の飲用に関しては、早いうちに飲ませてしまうと赤ちゃんの体に負担をかけてしまうので、厚生労働省の推奨の通り、1歳になるまでは牛乳は飲ませない方が安心です。
牛乳を初めてあげるときは冷たい牛乳だと、お腹を壊してしまう場合があるので人肌程度の温度に温めて、1回は子ども用のコップ1杯程度の量で1日に400mlの量を超えないように飲みすぎないことがポイントです。
牛乳を飲んだあとに、顔や体にじんましんが出たり、のどがイガイガしてかゆみや腫れるなど牛乳アレルギーを疑う症状が見られたら、症状が治まるまでは牛乳を控えて早めに受診することが大事です。







最後まで読んでいただきありがとうございました。

-気になること