チーズ発酵鍋!レシピは?発酵食品って健康面、美容面で効果絶大。

おいしい
スポンサーリンク

気温が下がってくると温かいものが欲しくなりますよね。
温かい料理と言ったら、・・・「お鍋」。

お鍋といっても、近頃カレー鍋やトマト鍋といったいろいろとアレンジされたお鍋がたくさんありますね。

今、健康面からでも、美容面からでも注目されているのが「発酵鍋」なんです。

味噌や甘酒、納豆などの日本の伝統的な発酵食品や、チーズやキムチといった日本以外の国から入ってきた発酵食品をいろいろな形でお鍋に取り入れたのが発酵鍋です。

今日は、その中でも一押しのチーズを使ったチーズ発酵鍋を紹介します。
大好きなんです。チーズ!

 

チーズ発酵鍋は健康面でも、美容面でも効果抜群です!

発酵食品は、私たちの腸内環境を整える働きがあります。

チーズなどの発酵食品には、乳酸菌をはじめ、善玉菌がたくさん含まれています。
この善玉菌は、人間の腸の中で常に悪玉菌と戦っています。

善玉菌は、消化吸収を助けたり、ビタミンを合成したり、感染を防御したり、免疫を刺激します。善玉菌は、私たちの体の健康維持のために働いているのです。
この善玉菌の代表的なものにはビフィズス菌や乳酸菌があります。

一方、悪玉菌は、腸内の腐敗を進めたり、細菌の毒素や発がん物質を作り出すなど病気の引き金になります。
悪玉菌の代表的なものに大腸菌(無毒株)・連鎖球菌があります。

私たちの体の外から侵入する細菌やウイルスから人間の体を守る免疫力は腸内環境に大いに関係しています。
それは、私たちの体の中にある免疫細胞と呼ばれる細胞のおよそ60%が腸内に集中しているからです。

この免疫細胞を元気に活発化させることこそが、外から侵入しようとする病原菌に打ち勝ち、健康を維持することに繋がるのです。

善玉菌には、この腸内にある免疫細胞を活性化させる働きもあります。
発酵食品を摂ることは、腸内環境を整え免疫力を高めて病気を予防する効果が期待できるのです。

また、チーズに含まれる乳酸菌は、便秘や肌荒れを引き起こす悪玉菌が増えるのを抑える作用があると言われています。美肌効果も期待できます。

それから、骨の健康にはカルシウムが必要ですよね。
チーズにはカルシウムも多く含まれているため、若い体を保つための骨の維持にも効果的です。

そして当然に、熱い鍋料理は野菜がたっぷりとれて、栄養バランスもいいです。
なによりも体が温まり、代謝が活発になります。

 

チーズ発酵鍋のレシピ。いろいろアレンジできます。

「まるごとカマンベールチーズをドーンとチーズ発酵鍋」

大好物のチーズをタップリ入れてみました。
ドーンとカマンベールチーズを大胆にのせて煮込みます。
カマンベールチーズが溶けていく過程が見どころです。
とろけたチーズがスープに流れ出し、具材に絡んでいきます。
シメにはご飯を入れて、チーズリゾットがいいと思います。

【材料 (4人分)】
鶏もも肉     250g
ソーセージ    6本
にんじん     1本
白ネギ      1本
キャベツ     1/4個
ブロッコリー   1/2かぶ
しめじ      1パック
しいたけ     1袋
■ スープ
水300cc
コンソメ      1個
トマトジュース   500cc
ハーブソルト    適量
オリーブオイル   お好みで
カマンベールチーズ 1箱
とろけるチーズ   適量
【作り方】
1 キャベツ、にんじんなどの野菜は食べやすい大きさに切る。
2 鶏肉、ソーセージも一口大に切る。
3 カマンベールチーズを8等分する。
4 鍋に水とコンソメを入れて煮立ったら、鶏肉とソーセージを入れ火を通す。
5 火のとおりにくい根菜類から順に鍋に入れる。
6 トマトジュースを入れて煮込む。
7 ブロッコリーを入れ煮えたらハーブソルトで味を整える。
8 とろけるチーズを入れ、上にカマンベールチーズを乗せてとろけたら出来上がりです。
7 オリーブオイルをかけて、いただきまーす。

他にもチーズ発酵鍋はいろいろとアレンジできますよね。

「豚肉とモッツァレラチーズのピリ辛キムチチゲ鍋」
ピリ辛キムチチゲに、モッツァレラチーズ入れてマイルドに。
ピリ辛とチーズのまろやかさはいい組み合わせ。とってもおいしいです。
マイタケ、エリンギ、エノキなどきのこや豚肉を入れてうま味もでます。
辛さを調節すればお子様や辛いものが苦手な方にも。
ちなみに、キムチも発酵食品です。

「モッツァレラチーズとトマトのお鍋」
モッツァレラチーズとトマトを使ったお鍋。キャベツやブロッコリーに、エビやしめじを入れて味の深みとコク。

「白菜と豚ばら肉のみそチーズ鍋」
鶏がらスープとみそで味付けした鍋。
白菜と豚バラ肉に、そこにチーズを入れるだけ。
なかなか味に深みが出ておいしい。

「豚肉とキャベツの豆乳鍋にチーズ」
キャベツやニンジン、白ネギなどの具材を豆乳で煮立てます。
チーズをたっぷりかけていただきましょう。粗挽きこしょうがアクセント。

「チーズカレー鍋」
カレーベースのスープに、豚ひき肉、野菜を入れたお鍋。子どもも喜ぶこと間違いなし!
シメは何でもいいです。カレー雑炊なんか最高。

チーズ発酵鍋のまとめ

今回は発酵食品のうちチーズをメインに使った絶品発酵鍋を紹介しました。

お鍋は野菜がおいしくたくさん食べられる栄養抜群の寒い時期にはもってこいの料理ですね。

そのお鍋に、注目の発酵食品をいろいろととりいれると健康面にも、美容面にもいいことがあるようです。
その中でもチーズは、トマトベースから味噌、カレーと、アレンジしだいでいろいろな鍋に大変身できます。
シメまでいろいろと美味しくただけるレシピが多いですよ。

具材もなんでもOKなのがチーズ鍋のいいところ。
野菜やいろいろなきのこはもちろん、豚、鳥などのお肉はもちろん、エビやイカなどの海鮮を入れてもいいと思います。
チーズってそれこそ種類もたくさんあります。いろいろなチーズにこだわって作るのも楽しそうですね。

チーズ発酵鍋、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました