気になること

PDFとJPG(JPEG)の違い

何となく使っているけど、JPG(JPEG)ファイルとPDFファイルってどういう違いがあるのでしょうか?
使い分けはどうしたらいいのか?
悩む所です。

この記事ではJPG(JPEG)とPDFの違いや、メリット、デメリット、そして、どのように使い分けるのがおすすめなのかをご紹介します。

PFDとJPG(JPEG)

PDFとJPG(JPEG)は、どちらもデータの保存に用いられるファイル形式のひとつです。どちらもデータを保存する拡張子です。
JPEGは高画質の画像データを保存できるし、PDFは文章や画像などのコンテンツをあらゆる環境で同じように閲覧させるための拡張子。「PDF」や「JPG(JPEG)」はファイル名の後に、「.(ピリオド、ドット)」で区切られ、英数字3~4文字で表されている「拡張子」というのもなんです。
拡張子は、ファイルの種類を示しているんです。拡張子を見ればどんな性質のファイルかを
判断することができちゃうんですねー。
ちなみに写真として保存するならJPGファイル一択です。
漫画などのコンテンツを作る場合はJPG(JPEG)よりもPDFの方が向いています。

それぞれどんな特徴があるのでしょうか?

JPG(JPEG)とは

「JPG(JPEG)」とは画像ファイルの種類のひとつで、静止画像のデジタルデータの圧縮形式のひとつです。
「JPG(JPEG)」は、「Joint Photographic Experts Group」の略称です。

簡単に言えば写真とか絵のファイルです。
主にパソコンの画像データやデジカメやスマホで撮影した写真は基本的にはJPG(JPEG)で保存されるため、最も一般的な形式と言えます。

静止画像の保存に適していて、JPG(JPEG)が表現できる色数はフルカラー(約1,677万色)です。

ファイルの容量が大きければ大きいほど画質がよくなり、小さくなると画質がぼやけて粗くなります。

これはメリットでもデメリットでもあるのですが、1ページ1ファイルで保存されます。

JPG(JPEG)のメリット、デメリット

JPG(JPEG)のメリット、デメリットをまとめると次のようになります。

JPG(JPEG)のメリット

【メリット】
・高画質の画像データを保存できる。
・JPG(JPEG)はフルカラーのデータ保存に適している。
 そのためたくさんの色を表現することが可能な上に、データの圧縮力が高いためファイルサイズも抑えられるというメリットがあります。・
・JPG(JPEG)はWindowsのデフォルトソフトであるペイントを含めたほとんどのペイントソフトでの編集が可能で、取り回しが簡単です。
・圧縮性にも優れているため、デジカメやスマホでの撮影画像の形式にも多く採用されています。
・加工がしやすい
 パソコンには写真編集ソフト等が最初から入っていたり、無料のソフトが多く存在したり、そもそもスキャナにもJPG(JPEG)を編集するソフトが付属していたりします。
・広く知られている
 PDFに比べ、JPG(JPEG)はデジカメでとった写真が元々JPGが多いことからなじみ深い。

JPG(JPEG)のデメリット

【デメリット】
・一度圧縮してしまったデータは元に戻せない。JPG(JPEG)は不可逆圧縮のファイル形式です。
・データを圧縮するため保存を繰り返すほど画質が劣化してしまう。画質を気にするのであれば、保存は1回のみに留めるなどの注意が必要でしょう。また、元データはバックアップしておく必要があります。
・イラストやロゴなど、線のはっきりしている色数の少ない画像が苦手でにじみが出てしまう。
・JPGはパソコンにより、開くソフトがバラバラだったりするので、メールで相手に送った場合やインターネットからダウンロードした時に意図しない形で印刷されたりする。

PDFとは

PDFファイルは、アドビシステムズ社(adobe)開発した文章に関するファイル形式です。
PDFとは「Portable Document Format」の略称で、画像だけでなく文書、図形などのデータも再現・閲覧する事を目的として開発されました。資料やレポートなどの文章を作るときに使かわれます。
表示・印刷だけなら、同社が無償配布しているAdobe Reader(アクロバットリーダー)で、制作されたレイアウトそのままに行えるので広く普及しました。
複数ページ1ファイルの形式であるので、ページを束ねる雑誌やレポート、論文は、PDFの方が向いています。多くの官公庁で採用されていて、ホームページから何かダウンロードする時にはPDF形式が多くなってきています。
以前は前述したPDF編集ソフトのようにお金を出して購入しないとPDFを作ることが難しかったのが、EXCELやWORDにPDFに変換する機能がついたので。誰でもPDFを簡単に作ることができるようになった。

PDFのメリット、デメリット

PDFのメリット、デメリットをまとめると次のようになります。

PDFのメリット

【メリット】
・無料のPDFリーダーさえインストールしてあれば誰でも、画像や文書などのデータをパソコンやスマホなどデバイスを問わずに様々な環境で忠実に同じ状態で閲覧することが可能です。(特殊なソフトや、EXCEL、WORDの入っていないPCでもPDF形式にしておけばどんな環境でも閲覧することができる。)
・JPGに比べ開くソフトが限られているので、問題が起こりにくい。
・PDFは文章データの保存に適している。
・PDFではJPGと違い文字を画像データではなくフォント情報として保存するので、印刷の時に文字が綺麗に印字されます。
・文字情報を埋め込むことができるので、検索することができる。

PDFのデメリット

【デメリット】
・フォント次第ではレイアウトが崩れてしまう場合がある。
 文書の作成や印刷に適したファイル形式になりますが、使用されるフォントによってはレイアウトが崩れてしまう場合がある。
・JPEGよりもデータの容量が重くなる。
・閲覧に専用のソフトのインストールが必要になる。
・加工するには、AdobeAcrobatや他のソフトを購入したりダウンローする必要があります。

JPGとPDFの比較

JPG(JPEG)とPDFの形式の比較をまとめていきます。
もちろん全てのファイルがこれに当てはまるというわけではないですが、一般的にはこうだよという所をまとめていきます。

画質
写真や画像の画質に拘るのであればJPG(JPEG)、文書など文字の綺麗さに拘るのであればPDFがおすすめです。

データ容量
JPG(JPEG)は画像のデジタルデータを圧縮するためデータ容量が比較的軽くなります。PDFでは文字にフォント情報が埋め込まれているので、見た目に反してデータ容量が重くなります。
PDFも写真のような画像は内部的にはJPG(JPEG)で圧縮して持っているので、いわゆる画像ファイルの圧縮という意味ではPDFもjpegも同じです。
よって画像圧縮率を同じにしたPDFとJPG(JPEG)を比べれば、PDFの方が印刷用の情報を余計に持っている分だけファイルサイズが大きくなります。
もしPDF化でファイルサイズが小さくなっているのなら、それは単に画像圧縮率を上げている(画質を落としている)だけです。なのでJPG(JPEG)の圧縮率を上げて保存し直せばファイルとしては小さくなるし、PDFと同じファイルサイズならJPG(JPEG)の方が高画質になります。

取り回し
JPG(JPEG)はデフォルトのソフトで扱える環境が多いですが、PDFは専用のソフトをインストールしなければならない事が多いです。

ただし、JPG(JPEG)をPDFに変換、PDFをJPG(JPEG)に変換が出来ない訳ではないので
『絶対にコッチ!』というルールもないです。

まとめ

・JPG(JPEG)は高画質のまま保存できるので、写真や画像の印刷向け。
・PDFは字の再現性が高いので文書の印刷に適しています。
印刷の用途・目的に合わせてファイル形式を使い分けましょう!
PDFとJPG(JPEG)の違いって何?スキャンや印刷ではどっちがいいのか?いかがでしたでしょうか。
紙媒体のスキャン時などに気になるJPG(JPEG)とPDFのファイル形式についてご紹介しました。JPG(JPEG)は画像データを取り扱うファイル形式・PDFは文書ファイルの形式という特徴を持っているので、写真データのスキャンや印刷にはJPG(JPEG)が、文章主体のデータのスキャン、印刷にはPDFが向いているでしょう。







最後までご覧いただきありがとうございました。

-気になること