食べ物

銀杏(ぎんなん)の調理方法は?殻の処理は、レンジでチン!

スポンサーリンク

秋になるとイチョウの樹に実る銀杏(ぎんなん)は、独特の臭いを放ちます。

この実の中にある種子は、栄養価が高く、回りの殻を処理することでおいしく食べることができるんです。

でも、いったいどうやって殻を処理するのでしょうか?

この記事では、銀杏(ぎんなん)の殻の処理の仕方や注意点についてまとめています。

食用にできるのは銀杏(ぎんなん)の殻の中の仁

イチョウの実の中で食用できるのは仁です。
硬い殻に覆われています。

お店で購入するものはすでに処理がされていますが、銀杏(ぎんなん)拾いをしたものを自分で処理する場合は、
拾ったイチョウの実の果肉から中の核を取り出さなければなりません。

この固い殻に中に食用にできる仁があります。

 

銀杏の殻の処理の仕方

1  イチョウの実を水に浸し、ふやけさせる。

水の入ったバケツやボウルなどにイチョウの実を入れてふやけるまで2~7日浸します。

2 果肉をとる。

果肉が腐ってぶよぶよになるまでふやけたら、しっかりとゴム手袋をつけて、実を崩し、果肉をはずし、「銀杏」であるラグビーボール形の薄い茶色の種子を取り出します。

ぶよぶよになった実を袋などに入れて足で軽く踏むようにしてほぐし、種子を取り出してもよいかもしれません。
この作業が拾う時以上に強烈に臭いのです。
食べ物とは思えない臭さです。

何回も水をかえて、果肉をきれいに取り除きます。
銀杏同士をこすり合わせるようにするとうまくいきます。

 

3  種子を天日干しで乾燥させます。

ザルなどに広げて風通しの良い場所で、2〜3日ほど天日干しして乾燥させます。

 

4 完成は、殻の色が白っぽくなったころが目安です。

種が十分に乾燥したら、試しにいくつか新聞紙でくるみ、硬い棒などで殻を割ってみます。水分がなければ完成です。

売り場や通販で手に入るものは、この天日干しまで処理済みであることがほとんどです。

 

銀杏(ぎんなん)の中身を取り出す

銀杏(ぎんなん)は殻を割らずに炒ってから中身を取り出す方法と、殻を割って中身を取り出してから加熱する方法があります。

 

銀杏(ぎんなん)は殻を割らずに炒ってから中身を取り出す方法に2種類あります。

殻を先に割るときは、金槌や専用の銀杏割り器などで挟んで割ります。

フライパンで調理する場合

銀杏(ぎんなん)の殻を、ハンマーやペンチを使って亀裂や割れ目が入るくらいに軽く割ります。
銀杏(ぎんなん)を殻付きのままでフライパンに入れて塩を振り、炒るようにして調理します。

熱したフライパンに銀杏を入れ、蓋をして弱火で炒ります。加熱中は蓋をしてください。
加熱を始めると銀杏(ぎんなん)が弾けます。

5分~10分ほど乾煎りすればでき上がりです。

加熱調理が完了したら、熱いうちに殻を取っていきます。
殻を割って、中身を取り出します。

薄皮も熱いうちに手で揉むようにすれば、はがれます。
冷めてしまうとはがれにくいので、熱いうちにはがすのが良いです。

電子レンジで調理する場合

殻付きのままで加熱すると破裂することがあるのでとても危険です。
電子レンジで銀杏(ぎんなん)を調理するときは、必ず先に殻を割りましょう。
銀杏(ぎんなん)の殻を、ハンマーやペンチを使って亀裂や割れ目が入るくらいに軽くわります。
この作業をおこなわないと、レンジ内で破裂する恐れがあるので、気をつけましょう。

殻を割ったら厚みのある茶封筒などに銀杏を入れます。
薄い封筒だと、破裂したときにやぶれて飛び出すことがあるので、厚めの封筒、または2重にすると良いでしょう。
銀杏を封筒に入れたら、口を2回以上折ります。しっかりと折り返さないと、飛び出すことがあります。
銀杏が弾ける音がしたら、あとは塩などで調味すれば完成です。

茶封筒に入れる量は15粒くらいまでが目安です。

500Wの電子レンジで、60~90秒ほど加熱します。

2~3個ポンポンとはじけたくらいが、できあがりの目安です。
加熱しすぎると、実が硬くなってしまったり、爆発して封筒の中でバラバラになってしまう場合があります。

 

殻を割って中身を取り出してから加熱する方法

銀杏(ぎんなん)の殻を、ハンマーやペンチを使って割ります。

殻から仁を取り出します。

銀杏(ぎんなん)がかぶるくらいのお湯を沸かし、穴じゃくしの上で転がしながらゆがきます。

薄皮がとれ、透明になってきたら、お湯から出して水につけます。

ざるに上げて水気をきると出来上がりです。

 

まとめ

フライパンで炒る方法も簡単ですが、もっと手軽にできるのが電子レンジの利用です。

私も電子レンジを使っていますが、出来立てはかなり熱いので注意が必要です。

銀杏(ぎんなん)はいろいろな効能が期待できる食べものではあるけど、食べ過ぎには注意しましょう。

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能について別記事でまとめています。

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能は?銀杏(イチョウ)と銀杏(ぎんなん)どう違う?

銀杏(ぎんなん)と銀杏(イチョウ)は漢字が同じでも読み方が違います。 紛らわしいですね。 銀杏(ぎんなん)は、もちっとした食感とほんのりとした苦みがいいですね。 秋を感じる伝統的な食べ物です。 この記 ...

続きを見る

銀杏(ぎんなん)の食べ過ぎによる中毒について別記事でまとめています。

銀杏(ぎんなん)は栄養豊富ですが毒も。食べ過ぎに注意です。

銀杏(ぎんなん)はもちっとした食感とほんのりとした苦みがいいですね。 秋を感じる伝統的な食べ物です。 その銀杏、「年齢以上に食べ過ぎてはいけない」と聞いたことはありませんか? この記事では、栄養のある ...

続きを見る

銀杏(ぎんなん)を拾うときに注意する点について別記事でまとまています。

銀杏(ぎんなん)を取ろう(拾おう)!【臭い・かぶれに注意!】

秋になるとイチョウの樹に実る銀杏(ぎんなん)は、独特の臭いを放ちます。 銀杏(ぎんなん)を拾うときに気をつけたいことがあります。 銀杏(ぎんなん)はあの臭いもそうですが、素手で触るのは注意がいります。 ...

続きを見る

 

おいしい銀杏(ぎんなん)です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-食べ物

© 2020 トマトのリコピン~抗酸化ブログ Powered by AFFINGER5